ご注文は、今すぐこちら!

お申込みはこちらをクリック

サッカー少年をお子さんにもつお父さん、お母さん、また少年サッカー指導者へ、ジュニア専用 子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法「子供のサッカー上達法は、少年専門のトップコーチに聞くのが1番です。」なぜ、JSC CHIBA代表U-12監督「川島和彦」の5ステップ・ドリブル上達法は、足が遅い子供でも、体が小さい子供でもDF突破率を高めてしまうのか?ジュニア指導歴25年、1,500人のサッカー少年を指導してきたJSC CHIBA 代表U-12監督「川島和彦」の楽しみながら、お子さんのドリブルテクニックをグングン伸ばす、「天才ドリブラー育成法」を遂に公開!

「もう、心配いりません。」

このドリブル上達法があれば、あなたのお子様が

・身体能力に自信が無くても
・体が小さくても
・足が速くなくても
・小学校低学年でも

今よりも、試合で活躍させる事が出来ます。

お子さんが取り組むべきトレーニングはたった5つ。

この5つに取り組めば、本来、お子さんが持っている個性をグングン伸ばし、他の子には無い天才的なドリブルテクニックを身に付けさせる事が出来ます。

どなりつけたり、厳しい練習を課する必要は一切ありません。

他の子より運動神経が劣っていても、心配する必要はありません。

今回のトレーニング法で、お子さんが楽しみながら成長する姿を一緒に見守って行きましょう!

川島和彦

川島和彦

【メディア掲載実績】

メディア掲載実績1
メディア掲載実績2
メディア掲載実績3
メディア掲載実績4
メディア掲載実績5

(掲載:サッカークリニック、サッカーマガジン、ジュニアサッカーマガジン、ジュニアサッカーを応援しよう等。)

「一生懸命がんばっているのに…。」「みんなと同じ練習メニューをこなしているのに…。」「いっつも、相手にボールをとられちゃうよなぁ。」

お子さんの練習や試合を観た時…
あなたも、このように思った事はありませんか?

我が子が、グラウンドを走り回り、元気にサッカーをしている姿を見るのは楽しいですよね。

でも、少年サッカーの場合は、体の大きさやキック力、走る速さ等の
身体能力が試合の勝敗を大きく分けてしまう特徴があります。

特に、1対1の攻防では、体の大きさがモノを言う所があります。

だからこそ、どれだけお子さんが頑張っていても、
悔しい思いをさせてしまう事は避けられません。

体格や生まれ持っての身体能力は、上には上がいるものです。

しかし、ご安心ください。

結論から言いますが、体が小さくても、身体能力が高くなくても
お子さんを今よりも、試合で大活躍させる方法があります。

それは、お子さんをスーパードリブラーに育てる方法です。

ちなみにこの方法は、私が監督を務める「JSC CHIBA」のアンダー12で実際に取り入れられていますが、富山、滋賀、新潟など他県の少年チームでも結果が出ています。

つまり、25年間、1,500人を超えるサッカー少年達への指導の中で開発された
今回の「少年向け天才ドリブラー育成法」があれば?

あなたのお子さんは、今よりも輝きを増したプレーを見せてくれるようになります。


【JSC CHIBA監督川島和彦氏 レポートの内容】

  1. JSC CHIBA監督川島和彦氏とは。
    活動されている内容。
  2. ドリブル教材を作成しようとした経緯。
  3. JSCCHIBAの子供たちの強み
  4. 他のチームとの練習の違いとは?
    特に力をいれているポイントは?
  5. このDVDをみることで、
    どのような指導のポイントがわかるか?
  6. 指導者、親御さんたちへのメッセ‐ジ
姓       
メールアドレス 

ご登録いただいたメールアドレスへ、無料電子書籍(PDF)をダウンロードいただけるURLを送信いたします。 Yahoo!メールなどでご登録されますと、迷惑メールフォルダへ振り分けられる場合がありますので、ご注意下さい。 また、無料電子書籍の登録をした時点でメールマガジンにも登録されます。届いたメールマガジンの最下部で簡単に解除できます。

本物のドリブル上達法との出会い

話をさかのぼれば、それは25年前の話になります。

私は今でこそ、JSC CHIBAでジュニアチームの監督をしており、
その指導ノウハウが全国的に注目され、雑誌などで取材される事もあります。

しかし、初めて少年達を指導する事になった頃、それはもう、苦労の連続でした。

忘れもしない1988年の夏。

私がコーチを務めていたジュニアチームに問題が起こりました。

指導者達が揉め、前監督と他3人のコーチがチームを辞めてしまったのです。

その頃、私はまだ22歳でした。

チームに残されたのは私を含めた2人のコーチと、希望に満ちた、たくさんのサッカー少年達。

彼らは、例年の選手達に比べて、身体能力が高くありませんでした。

「この子達を見捨てられた気持ちにさせてはいけない!」
「絶対に強くしてやる!」

そう思い、チームの監督を引き継ぐ事を決意しましたが、指導者は私を含めてたったの2人です。

私達は、何とか、全員の指導にあたれるよう、時間を調整しながら指導に取り組んでいました。

その時に協力してくれた、スクールの先輩選手達の事は今でも忘れません。

「何とかして、勝たせてあげたい!」

身体能力が高くない子達を勝たせる為にも、私は試行錯誤を繰り返しました。

しかし、結果は「市内大会1回戦負け」という、無残なものでした。

戦術を考えて、考え抜いたのにも関わらず、
私は子供達を勝たせてあげる事が出来なかったのです。

本当に悔しい思いをしました。

このような経験を経て3年目の事です。

私は少年サッカーの指導において、とても重要な事に気づいたのです。

多くの指導者が気づいていない、少年サッカー指導で最も大切な事とは?

それは、目先の勝敗にこだわらず、選手個人の技術を伸ばす事を重点に置くということです。

つまり、少年サッカーの指導においては、今日明日の結果よりも、子供達の将来を見据え、
“個人の能力を伸ばす”事の方が重要だと分かったのです。

実際、この事に気づいてから、私達のチームは変わりました。

もちろん、取り組むトレーニングも変わりましたが、
一番変わったのは子供達の自主性とやる気です。

目標を、目先の勝敗ではなく、個人のスキルアップに置く事で、
子供達には良い意味で心の余裕が生まれました。

そして、練習を楽しみながら、個々のレベルアップが図れるようになり、
遂には、以前よりも強いチームを作る事が可能になったのです。

「当り前のことを…。」

と思われたかもしれませんが、実際サッカーの指導現場では、「個人の能力を伸ばす」といったポイントに重きを置いてトレーニングが組まれている所は多くありません。

多くのチームでは、勝敗にこだわった戦術的な練習を取り入れています。

そして、その戦術は、身体能力の高い選手を軸に作られている場合が多い物です。

しかし、このようなトレーニングを取り入れても、身体能力の高くない子は結局ついて行けません。

せっかく、サッカーが大好きでチームに入ったのにもかかわらず、
サッカーが面白く無くなり、結果、辞めて行く子達が多いのです。

少年の段階では、まだその子が将来どのような成長を遂げるか分かりません。

もしかしたら、数年後に才能を開花させ、将来の日本を担うトップ選手になるかもしれません。

それなのに、途中で辞めるのは、本当にもったいない事です。

しかし、子供の心はそんなに強くありません。

本来、サッカーが好きで始めた子供達も、「ただ勝つため」の練習では
身も心も持ちませんし、モチベーションが保てません。

このような事実があるからこそ、お子さんが今後、サッカー選手として成長する為にも

お父さんお母さんの存在は、とても重要になります。

お子さんの気持ちが折れてしまう前に、あなた自らがお子さんへ、楽しみながら自主性とやる気、個人技術をアップさせるようなトレーニング方法を教えてあげる必要があります。

では、具体的にどのようなトレーニングが効果的なのでしょうか?

様々な指導経験を経て、その答えはドリブルのトレーニングにたどり着きました。

ドリブルトレーニングで個人の能力がグングン伸びる3つの理由とは?

なぜ、ドリブルトレーニングが、お子さんの能力を成長させる上で有効な方法なのでしょうか?

それは主に3つの理由があります。

理由1「体格や身体能力の差を帳消しに出来る!」

ドリブルテクニックは体格や身体能力の差を埋める事が出来ます。

プロの試合を思い出して下さい。

身長や体格が劣っていても、走るのがDFより遅くても
立ちふさがるDFをごぼう抜きにする選手を見かけたことはありませんか?

これは、少年サッカーにおいても同じ事です。

特に少年サッカーの場合は、効果的なフェイントのかけ方が、多くのチームで教えられません。

どれだけ体格や身体能力が劣っていたとしても、フェイントの有効なかけかた一つで
立ちふさがるDFを突破する事は充分に可能なのです。

つまり、体格差や、身体能力差が大きい少年期において、ドリブルテクニックを育てる事は、
あなたのお子さんが試合で活躍する上でとても重要な事なのです。

理由2「運動神経が、グングン育つ!」

ご存知かもしれませんが、運動神経は少年期に育ちます。

なので、もし、お子さんを1流のプレーヤーに育てたいのであれば、サッカーセンスの基盤となる敏捷性、バランス感覚等の運動神経は今の内に磨いておく必要があります。

通常、その為のトレーニングはラダーを踏む等、とても地味で
子供に受け入れられ難いトレーニングばかりです。

しかし、やり方次第ですが、ドリブルトレーニングによって、お子さんの敏捷性、バランス感覚等のサッカーに必要な運動神経を、遊びの感覚を持ってグングン育てる事が出来るのです。

ここで養われる運動神経は、今後、
お子さんがどのようなスポーツに進んでも一生役立つものとなります。

理由3「お子さんに“やる気満々の自主性”と“天才的発想力”が身につく!」

最も重要なのはこの、3つ目のポイントです。

ドリブルトレーニングは取り組み方次第で、楽しみながら
子供達の“自主性”“発想力”“モチベーション”を育てる事が出来るからです。

個人の成長を目指した私のドリブルトレーニング法は、

「どうすれば、もっと相手をだます事ができるのか?」
「どうすれば、もっとスムーズにボールを運べるようになるのか?」

など、子供達に頭と感性を使う機会をたくさん与えます。

この考える機会が、お子さんの「自主性」と「他の子には無い発想力」をグングン育てるのです。

そして、自らのひらめきや発想により実際のプレーに変化や結果が出た時、
お子さんはこれまでにない達成感と喜びを得ます。

この喜びは、お子さんに更なるやる気をもたらします。

そして、サッカーに対する興味を更に高め、上達する事に自らどん欲にさせるのです。

こうなってしまえば、お子さんは放っておいてもグングン成長する事になります。

しかし、ドリブルの指導は難しい

「ドリブルは難しい。」

と多くの選手や指導者がおっしゃいます。

確かに、ドリブルを上達させる為のトレーニング法はたくさんあります。

例えば、

・走り込みなどで下半身を強化する。
・制球力を高める為に、足首を柔らかくする。
・たくさんのフェイントを覚える。
・DFとの間合いの取り方を覚える。
・スピードに緩急をつける。
・とにかくボールに触り続ける。
・一流選手の動きを研究し、マネする。

等があげられるでしょう。

実に沢山のトレーニング法がありますが、これまでの25年間、
1,500人の子供達を指導してきて明確になった事があります。

それは、子供達へ取り組ませるドリブルトレーニングは5つで充分と言う事です。

追求したのは、楽しくてシンプル、というポイントです。

シンプルで無ければ、子供はその内容を理解しようとしません。

楽しく無ければ、子供は嫌々練習する事になります。

25年間、私と共に努力してくれた少年達、指導者、保護者の皆さまの協力があったからこそ、
作り上げる事が出来た今回のドリブルトレーニング法。

本来であれば、私が担当するJSC CHIBAでしか教える事が出来ませんが、今回は特別に
お子さんのサッカー上達に悩まれるあなたへ、その方法を一般公開させて頂く事となりました

天才ドリブラー育成法
【2010年6月5日千葉県のサッカー場にて、DVDと同じ内容のサッカー教室を開催した様子】

5つのトレーニングから、あなたのお子さんは具体的に何を得る事ができるのか?

その一部をご紹介すると…

楽しみながら、お子さんのドリブルテクニックをグングン伸ばし、運動神経と発想力を覚醒させる「天才ドリブラー育成法」を遂に公開!

  • 相手との距離感覚を磨く方法とは?…(お子さんがDFであってもFWであっても、相手との正確な距離感覚を持つ事により、突破率、防御率の両方をレベルアップさせる事が出来ます。)
  • なぜ、ボールに対して足の置く位置を変えると、トリッキーな動きが可能になるのか?…(些細な事ですが、フェイントや切り返しの切れ味を高める事が出来ます。)
  • 1対1において、お子さんの反能力を高めるには?…(それは、下半身のある部分に注目させる必要があります。)
  • 試合の中で、バランスを失わない動きを会得するには?…(この練習に取り組めば、体幹を体に残す動きが可能となります。)
  • 相手の動きを利用した、オフェンス1対1の勝ち方とは?…(闘牛士のように、ギリギリで相手をかわしていてはいけません。必要なのは、間合いを作り、相手の動きを利用する事です。)
  • オフェンス1対ディフェンス2を制するコツとは?…(よく、FWがDF2人にマークされる事がありますが、ある考えに基づいて動けば、お子さんのDF突破率は飛躍的に高まります。)
  • 速く突っ込んで来る相手への、効果的な対処法…(人間心理を活かして、相手の隙を意図的に作る事が可能です。)
  • こぼれ球を逃さない嗅覚を身に付けるには?…(それは、1対1のあるトレーニングで身につきます。こぼれ球を制する者は、ゲームを制するといっても過言ではありません。)
  • 意図的にこぼれ球を出させるには?…(それには、2人の選手が協力する必要があります。)
  • 遊び感覚で、お子さんの運動神経とサッカーセンスを育てる方法…(笑顔いっぱいで、サッカーに必要な基礎能力をグングン育てる事が出来ます。)
  • 駆け引きが身につく、鬼ごっこトレーニングとは?…(鬼ごっこの感覚で、お子さんは楽しみながら、1対1に勝つ上で欠かせない「駆け引き」を学ぶ事が出来ます。)
  • 主体的にトレーニングする気持ちを湧きあがらせる方法とは?…(実に簡単なトレーニング方法ですが、お子さんの自主性をグングン育て、天才的なひらめきや発想力を育てる上でとても有効です。)
  • ドリブルで欠かせない、足首、膝を柔らかくする方法…(ドリブルの練習を効果的に進めながら、天才ドリブラーに必要な下半身を作る事が出来ます。)
  • なぜ、失敗するスピードでトレーニングさせるのか?…(それは、お子さん秘められた才能スイッチをオンにする為なのです。)
  • 股関節の柔軟性を高めるには?…(サッカーだけではなく、その他のスポーツにおいても股関節の柔軟性は重要です。なぜなら、パフォーマンスアップとケガの防止に繋がるからです。)
  • 狭い間をスッパ抜く、カミソリドリブルを実践させるには?…(それには、2つのポイントがあります。)
  • じゃんけんのように、フェイントを使いこなせるようになるには?…(フェイントを使いこなせる選手は、少年サッカーにおいて逸材です。ぜひ、この方法でお子さんへ正確なフェイントが使えるように指導しましょう。)
  • 相手をどかせる3つのフェイント術とは?…(ボールを触らなくても相手DFが勝手に道をあける、そんなフェイントを、お子さんがもし使えるようになったら?DFごぼう抜きも夢ではありません。)
  • なぜ、このフェイント術は相手選手が動けなくなるのか?…(DFの心理を巧みに利用したこのフェイント術で、お子さんのDF突破率を高めてみませんか?)
  • 「考える」から「感じる」へ、FWのフェイント力をアップさせる秘訣とは?…(それは、相手DFにあるルールを設定する事がポイントです。)
  • 少年期に選手を成長させるコツとは?…(25年間の経験によって得た、私の宝ともいえるアイディアです。)
  • 一流サッカー選手に備わった、反射神経と適応力を身に付けさせるには?…(それは、全てのトレーニングで、ある事に気をつけさせなければなりません。)
  • 対人プレーが苦手な選手に共通した事とは?…(この共通ポイントを改善するには、サッカー以外の所で注意しなければならない事があります。)
  • なぜ、裸足でボールを触る事が重要なのか?…(最近、よく話題になるテーマですが、私なりの観点で、そのメリットを簡潔にお伝えします。)
  • キックを育てる方法とは?…(それは、リフティングにどう取り組むかで決まります。)

感想

感想

今ご紹介させて頂いた事は、あなたとお子さんが手に入れる上達法の一部に過ぎません。

ぜひ、今回のドリブル上達法を手に入れて、

・ゴールに繋がる、ドリブルテクニック。
・相手DFとの身体能力を帳消しにする、ドリブルテクニック。
・どこのチームに行っても、重宝されるドリブルテクニック。

を、楽しみながらお子さんへ身に付けさせてあげましょう。

そして、

・試合での更なる活躍!
・コーチや監督からの評価アップ!

を、お子さんへ体験させてあげて下さい。

そうすれば、お子さんはもっとサッカーをする事に喜びを感じ

・やる気アップ!
・自主性アップ!

する事が出来、サッカープレイヤーとしてだけではなく、
人間としても、今後よりいっそうの成長が期待できるようになります。

そして、あなたも、お子さんのよりいっそうの頑張りと活躍を
今まで以上に楽しむ事ができるでしょう。

しかし、残念ですが…、あなたはこの上達法を手に入れられないかもしれません。

私は、現在も「JSC CHIBA」で数々のサッカー少年を指導しています。

そして、今後も可能な限りこの上達法を伝えて行きたいと思っています。

しかし、問題が1つあります。

1つ目は、あなたのお子さんが必ずしも「JSC CHIBA」へ入団できる訳ではない、という事。

もちろん、本来であれば、私が直接お子さんを指導させて頂く事が
ベストであるという事は言うまでもありません。

しかし、あなたの住んでいる所、そしてあなたとお子さんの意思、
全ての条件がそろわなければ「JSC CHIBA」への入団は認められません。

とはいえ、私はかつての自分と同じように、子供達のサッカー上達に悩む方の1人でも多くに、ケガや無理をせず、今よりもサッカーを上達して頂き、試合に勝てるようになって欲しいと思っています。

だからこそ、今回は、縁があって新しい試みに取り組む事にしました。

それは、あなたにとっても、私にとっても、とても良い試みです。

あなたは、今回お伝えしたドリブル上達法がギッシリ詰め込まれたDVDを、
“ノーリスクで”今日、ここから手に入れる事が出来ます。


商品画像

あなたが全国のどこに住んでいても関係ありません。

私を含め、数多くのサッカー少年がその効果を実感したドリブル上達法を
あなたは、ご自身の好きなタイミングで、そして好きな場所で子供にトライさせる事が出来ます。

DVDは合計6枚です。

このDVDは制作費を含め、本来24,800円でお渡ししなければならないのですが、
特別価格16,800円でお渡しできるようになりました。

更に今回は、あなたの為に特別な条件を考えさせて頂きました。


“あなたにリスクはありません。”
“つまり、全く損をしない条件があります。”


その条件とは、このDVDを見て思うような効果が得られなければ、
その代金をお返しするという約束をさせて頂くというものです。

効果が無ければ返金します。

今回の目的は、一人でも多くのサッカー少年に、ムリなく今の環境の中で上達してもらう事です。もし、その目的を達成できなければ、DVDの料金を頂くつもりはありません。

「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~DVD」を見て、その内容を実践した上で全く満足頂かなかった場合は、ご購入日より90日間は理由を問わず全額返金いたします。
(※DVD返品の送料と振込み手数料のみお客様のご負担となります。)

もし、「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~DVD」の内容を90日間実践されて、結果が全くでなかった…、という場合には、弊社まで、お送りしたプログラム一式を送り返してください。


まずはお申込み下さい。

それが、あなたにとってもっともリスクなく、賢い選択なのですから。

川島和彦のわんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾

【DVD6枚組 + 特典冊子1冊(B5版 16P)】

通常価格24,800円 16,800円(税・送料込)

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

FAXでお申し込みの方はコチラ

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

4つの安心お届け

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 子供のドリブルスキルを楽しみながら上達させる方法

DISC1 収録53分
DISC1 収録53分

DISC1

1VS1(間合い・タイミング)

  1. 止まった状態からボールを突っつく
  2. オフェンスと同じ方向に進み、体を入れる
  3. 縦2枚のディフェンス
  4. オフェンスに向いながらボールを奪う
    オフェンスに向いながらボールを奪う 1+1解説
    オフェンスに向いながらボールを奪う 1+2解説

DISC2 収録40分
DISC2 収録40分

DISC2

1+1 VS 1+1 (チャレンジ&カバー)

  1. こぼれ球を拾う準備。
    拾った瞬間横にずらす。失った後の戻り

ドリきり(ドリルを実践で生かす)

  1. 生活力 狡猾さ 遊び心 頭脳(総合力)

DISC3 収録50分
DISC3 収録50分

DISC3

ドリル(ボール扱い・身のこなし)

  1. フリードリル(アップ)
  2. インサイド→足裏
  3. ケンケン切り返し

DISC4 収録50分
DISC4 収録50分

DISC4

体重移動(相手をどかす方法)

  1. オフェンスの移動について行く
  2. ケンケン切り返し
  3. ステップ&ダッシュ

DISC5 収録31分 
DISC5 収録31分 

DISC5

斜め45度からの突破

  1. 縦と斜めにダッシュでドリブル
  2. イメージ映像

ミニゲーム(7人制バージョン)
川島コーチによるゲーム解説


DISC6 収録41分
DISC6 収録41分

DISC6

川島和彦コーチインタビュー

  • フェイントについての考え方
  • ドリル練習の考え方
  • ドリルを実践で生かす方法
  • なぜ、ドリブルが重要なのか
  • 家でできるドリブル練習法 etc…

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

FAXでお申し込みの方はコチラ

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

さらに、ここでしか手に入らないスペシャルプレゼント!

冊子画像

今回のDVDに収録されたドリブル上達法を、
書籍になおしたノウハウブックをプレゼント致します。

この冊子を練習場へ持ち込めば、「あれ?どうするんだっけ?」と
言う時でもあなたは、的確にお子さんへドリブル上達法を
指導する事が出来ます。     “合計16ページ”

以下は冊子にまとめられたトレーニング方法の一部となります。

・フリードリル
・インサイド
・片足ダブルタッチ
・ケンケン切り返し
・引き技
・フリードリル
・ステップ&ダッシュ
・シザース&ダッシュ

Q&A (サッカー経験が無いのですが…)

サッカー経験がありません。それでも今回の上達法を子供に教えられますか?
心配ありません。今回の教材はDVDです。ぶ厚い本をペラペラめくって、動きをイメージするような面倒な作業は必要ありません。まずはその内容をお子さんとチェックしてみて下さい。そして、実際にどのようなトレーニングをすれば良いかを学んで下さい。勘の良いお子さんであれば、DVDを見せるだけで何かを掴んでしまうかもしれませんね。
収録されている上達法は、初心者でも取り組める内容ですか?
もちろんです。今回のドリブル上達法は、サッカーを始めたばかりの少年でも、無理なく取り組め、、さらに充分な効果が期待できます。
中学生以上が取り組んでも効果のある内容ですか?
効果はあります。特にフェイントのかけかたについては、多くの指導者が今回の方法を知りません。是非、お子さんや選手へこのドリブル上達法を実践させて、個人の戦力をアップさせて下さい。
教えられたことは。すぐに取り組む事が出来ますか?
もちろんすぐに取り組めます。このDVDに収録されている上達法を実践するのに時間は必要ありません。DVDを見ながら、すぐにでも始める事ができます。
返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか?
もちろん、大丈夫です。あなたが教材の内容を90日間実践されて、結果が全く出なかった場合は、何度ご覧頂いた後でも、理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をお振込みします。
インターネットでの申し込みが不安なのですが…

もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して、不安をお持ちならご安心ください。お客様のウェブブラウザとサーバ間の通信はSSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。もし、それでも「やっぱり心配だ…」というあなたのために、ファックスでのご注文(代金引換)も承ります。

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

FAXでお申し込みの方はコチラ

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

DVD収録に協力してくれた、一般のサッカー少年、保護者様の感想及び推薦文。

サッカー少年の感想


保護者様の感想及び推薦文

追伸1

今回のDVDに満足頂かなければ、返金をさせて頂きます。

私の目的は、サッカー上達に悩む1人でも多くの少年に、楽しみながら上達してもらう事です。

だからこそ、そのノウハウについて全てを正直に公開させて頂いているのですが、
もし、その内容にご満足頂けなければ、DVDの料金を一切頂くつもりはありません。

返金保証とは、リスクゼロのお試しと同じ意味です。

DVDを手に入れて90日間、じっくりお試しください。


追伸2

決断を迷うのでしたら、お急ぎください。

もちろんFAXでもお申込み可能です。

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

FAXでお申し込みの方はコチラ

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX



お気に入りに追加