株式会社Real Style 0120-242-007

「誰よりも練習をしているのに、試合に勝てない…」と、お悩みのサッカー指導者の方へ どうして、うちのチームは、試合になったとたん、ミスが増えるんだろう…?あなたは、知っていますか…?なぜ、試合になると、選手がボールに集まって「団子状態」になってしまうのか?なぜ、練習では通るカンタンなパスが、試合になると通らなくなるのか?なぜ、試合になると、まわりが見えなくなり、慌ててミスをしてしまうのか?「練習不足だから…?」「メンタルが弱いから…?」「運動能力が低いから…?」答えはすべて「NO」です…。もし、あなたの指導するチームが、「試合で練習どおりのプレーができない」という問題を抱えているのなら…?少しだけ時間をとって、このページを読みすすめてください。今から、試合で練習の成果を発揮できない「3つの原因」と、その「解決方法」をあなたにお伝えいたします。

お申し込みは今すぐこちら

ちょっと相談があるのですが…

今から、数ヶ月前のこと。

ある少年サッカーの指導者から、1通のメールをいただきました。

「ご相談」という件名のメールに書かれていたのは、以下のような内容です。

「練習では上手くできることが、試合でできなくなるのは、なぜでしょうか?」
「試合になったとたん、練習では通るパスが通らなくなったり…」
「もう、目に見えてミスが多くなるんです…」

彼は、試合になったとたんにミスを連発してしまい、
ガックリと肩を落とす選手たちの姿を見て、
指導者としての責任を感じているようでした。

なぜ、練習で上手くできることが、試合になったとたんできなくなるのか?

このような悩みは、決して珍しいものではありません。

実際、わたしが講演でお会いする指導者にも、
同じような悩みを抱えている方が、たくさんいらっしゃいます。


たとえば、

  • 試合になったとたん、ボールコントロールが下手になる
  • 練習では積極的なのに、試合になると受け身になり、
    あっさりとボールを奪われる
  • 試合の雰囲気に圧倒されて、練習どおりの力を発揮できない
  • 練習のときのようなアイデアがだせず、単調なプレーになる
  • 試合になるとまわりが見えなくなり、すぐにボールを奪われる
  • ボールにブワッと集まって、すぐに団子状態になってしまう

など、例をあげればキリがありません。


「練習では、上手くできていたじゃないか…」
「どうして、試合になると、急にできなくなるんだ…」

きっと、あなたも、こう思ったことがあるのではないでしょうか。

もしかすると、試合でミスを連発し、慌てる選手を見て、
「何をやっているんだ!」と、大声をあげた経験もあるかもしれません。

現に、とても多くのサッカー指導者が、

「試合になると、練習どおりのプレーができず、結果がだせない」

という問題に、頭を抱えているのです。


では、すべての指導者が、同じ悩みを抱えているのか?

というと、決してそうではありません。

試合になると、ミスばかりが目立ってしまうチームがある一方で、
試合で練習以上の能力を発揮し、勝利するチームがあることも、
まぎれもない事実なのです。

いったい何が違うのでしょうか?

「練習どおりのプレーができる選手は、メンタルが強いんじゃない?」
「そうじゃなければ、きっと、ほかのチームよりも練習時間が多いんでしょ?」

こう、思われるかもしれませんが、どちらも答えは「NO」です。


では、両者の違いは、いったい何なのか?

今から、あなたのチームが、試合でミスを連発してしまう原因と、次の試合から、
練習の成果を思いきり発揮できるようになる「解決方法」をお伝えいたします。


改めまして、こんにちは。

JSC CHIBAの川島です。

JSC CHIBA代表、U-12監督、JFA公認C級コーチ / 川島和彦(かわしま かずひこ)プロフィール

川島和彦(かわしま かずひこ)

自身が代表を務める JSC CHIBA にて、29年間に渡り 1,500人を超える選手
を育成。

独自のドリブル指導法は全国のクラブチームの研究対象となっており、
これまでに週刊サッカーマガジン、ジュニアサッカーマガジンをはじめとする
数多くのサッカー誌に、そのドリブル指導ノウハウが特集され、高く評価される。

地元、千葉県だけでなく、青森、岩手、茨城、富山、滋賀、新潟、長野、大阪など
でも指導を行い、 活躍のフィールドを全国に広げている。


主な実績
・第36回全日本少年サッカー大会 ベスト8
・バーモントカップ 第22回全日本少年フットサル大会 出場
・JSC CHIBA OB 二瓶翼(にへい つばさ)選手 
U-18日本代表、2013年春 水戸ホーリーホックと契約
出演メディア
・週刊サッカーマガジン、ジュニアサッカーマガジン、 ジュニアサッカーを応援しよう、サッカークリニックなど、サッカー誌多数
・ジュニアサッカーの保護者向け情報サイト サカイク
書籍
スペイン流2大テクニック 運ぶドリブル&抜くドリブルをマスターする本
(マイナビ)
DVD
・わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA の最強ドリブル塾
・わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブル基礎トレーニング 初級編」
・わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブル基礎トレーニング 中級編」
・育成の極意 ~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~
・親子で特訓!わんぱくドリブル自主練習
・わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA の
「ボールコントロールを向上させる体幹トレーニング」
川島和彦DVD

試合でミスを連発してしまう「3つの原因」

もし、あなたが、

「日々の練習の成果を、試合で思いきり発揮させたい!」
「試合で上手くプレーできず、ガックリと肩を落とす選手の姿は見たくない!」

と、真剣に思うなら、今すぐにチェックすべきポイントは「3つ」。


これらは、新米コーチからベテランコーチまで、
すべての指導者が意識すべき大切なことですが、
同時に、多くの指導者がおろそかにしてしまっていることでもあります。

「試合でミスを連発してしまう」と悩んでいるチームの指導者、
そのほとんどができていないといっても、決して大げさではないでしょう。


1.「試合で役に立たない練習」を提供していませんか?

練習の成果を試合で発揮できない、一番大きな原因。

それが、指導者が、「試合で通用する練習メニューを提供できていない」こと。

要するに、「練習のための練習」をくり返しているだけで、
「試合で発揮するための練習」を、選手に提供できていないのです。


たとえば、二人一組で向かいあってパスをだす練習。

多くのチームで見られる一般的な練習ですが、
試合中、立ち止まって向かいあったままパスをだす状況があるでしょうか?

ほとんどありませんよね。

なので、このようなトレーニングをくり返し練習し、
上手くできるようになったところで、
試合で通用する技術が身についたとはいえないのです。


このような練習をくり返している大きな原因は、
指導者が、「どんな練習を提供すれば、試合で役立つのか」をわかっていないから。

あなたも、

「みんながやっている練習だから」
「昔からある練習だから」

などの理由で、選手たちに練習メニューを提供していませんか?

もし、あなたが、練習の成果を試合で思いきり発揮させたいと思うなら、

  • 選手が、リアルに試合をイメージできる練習
  • 限られた練習時間でも、確実に上達を実感できる練習
  • 覚えた技術を、すぐに試合で活かせる練習

など、すぐに「試合で活かせる練習メニュー」を
選手たちに提供してみるのです。


2.選手の「判断力」を奪っていませんか?

試合中、ボールを持っている選手を想像してください。

彼が、そのままドリブルでボールを運ぶか、それとも、味方にパスをだすか?

その判断をするのは、選手自身です。

我々コーチも、ベンチから、

「勝負しろ!」
「クロスにパスをだせ!」

と、声をだしますが、決してコーチに主導権があるわけではありません。

ですので、ボールを持った選手がゴールにつながるプレーができるかどうかは、
選手自身が、まわりの状況をよく見て、
正しい判断ができるかどうかにかかっています。


どこにパスをだせば、ボールをつなげるのか?
どこに走れば、ディフェンスに邪魔されずにパスを受けられるのか?

瞬時に正しい判断をするには、
普段の練習から選手に主体性を持たせ、判断力を磨く練習をさせることが大切です。


「そんなの当たり前のことじゃないか」、と思いましたか?

しかし実際には、多くの指導者が、
「判断力は重要なスキルだ」と理解していながらも、
「判断力を磨くには、どうすればいいのか」、その指導法をご存じありません。

なかには、選手の判断力を向上させているつもりで、
逆に、選手から「判断力を奪ってしまっている」指導者もたくさんいます。


たとえば、練習中に「ああしろ」、「こうしろ」と細かく指示をすること。

指導者は、「こうした方がいい」と選手に教えることで、
判断の引きだしを増やしていると考えがちですが、このような教え方では、
「ただ、言われたことをやるだけ」の選手が育ってしまいます。

練習ですら、自分で判断できない選手が、
試合で正しい判断力を発揮することができるでしょうか?

大切なのは、練習のときから選手に主体性をもたせ、
自分で判断するクセをつけさせること。

あなたは、選手の判断力を奪っていませんか?

とても大切なポイントですので、もう一度見直してみてください。


3.「個人技」を磨く根拠を伝えていますか?

  • 練習では通るパスが、試合になると通らなくなる
  • 試合になると、どこに走っていいのかわからなくなる
  • 試合になると、フリーの味方がどこにいるのかわからなくなる

なお、これらの問題はチームの連携がとれていないことで起こります。


サッカーは、一人でできるスポーツではありませんので、
当然、まわりの選手たちとのコミュニケーションが重要になります。

多くの指導者は、このことを良く理解していながらも、
個人技を磨くことに多くの時間を割きます。

個人技の向上は、チームが勝利するために必要な技術であって、
ゲームではその個人技をどこで使うかが重要なのです。

ここまでの話をまとめると、
あなたのチームが、試合で練習の成果を120%発揮するには、

  1. 「試合で活かせる練習メニュー」を提供すること
  2. 「判断力を磨くトレーニング」を提供すること
  3. 「チームワークを意識してトレーニング」をすること

これら3つのポイントを、すべて満たす練習メニューを提供しなくてはなりません。

とはいえ、どんな練習をすればいいのか?

と、思われたかもしれません。

結論から申し上げると、あなたが提供すべき練習メニューは、
選手の「オープンスキル」を磨くメニューです。

※「オープンスキル」とは…?

サッカーの試合では、敵味方、両方の選手やボールの位置は、常に変化しますよね。
このような常に変化し、予測ができない状況で発揮される能力を
「オープンスキル」といいます。

逆に、コーンやマーカーを使い、対戦や変化の無い環境で身に付くものを
「クローズドスキル」といいます。

サッカーにおいては、クローズドスキルを使った後に、
予測不可能な変化のなかで、120%能力を発揮できる「オープンスキル」に
発展させる必要があるのです。


ここで、少し考えてみてください。

多くのチームが取り入れている、

  • ただコーンを使った個人技が磨かれない練習
  • ミスを起こしやすいドリブルのタッチを確認する練習
  • 軸が安定していないシュートフォームを確認する練習
  • パスを右から左へ流すだけの練習

など、これらの練習で、オープンスキルを磨けるでしょうか?

もちろん、無理ですよね。

なぜなら、これらの練習には、「状況の変化」がないから。

ですので、磨けるのは、クローズドスキルだけであり、
サッカーの試合で活かせるオープンスキルを磨くことはできません。


では、「これらの練習は無意味なのか」というと、決してそうではありません。

このような練習も、アイデアの引きだしを増やしたり、
ボールコントロールを身につけるには、役立つでしょう。

決してクローズドスキルで個人技を磨くことを
否定しているわけではありません。

しかし、試合に勝ちたい、練習の成果を発揮させたいと思うなら、
このようなクローズドスキルの練習だけでは、十分とはいえません。

試合を想定した「オープンスキル型の要素」を、
練習に取り入れる必要があります。

つまり、あなたが試合で、選手たちに練習どおりのプレーをさせたいと思うなら、
オープンスキル型の練習のなかで、
判断力やチームワークを向上させることが重要なのです。


「とはいえ、具体的にどんな練習を取り入れればいいのか?」

と、思ってしまいますよね。

ご安心ください。

今回、あなたが遠回りや失敗をしなくてもいいように、
わたしが監督を務めるJSC CHIBAで、
すでに効果実証済みの練習法をお伝えいたします。

この方法なら、たくさんの練習時間が取れないチームでも、
効率良く、楽しみながらオープンスキルを磨き、
試合で活かせる技術が習得できることをお約束します。


では、いったいどんなトレーニング方法なのか?

具体例をあげながら、わかりやすくご説明しましょう。

試合で活かせるオープスキルが身につく、「2対2のカウンタートレーニング」…

はじめにご紹介するのは、2対2でおこなう「カウンタートレーニング」。

これは、試合ですぐに活かせる、実戦的なトレーニング方法です。

やり方は、とてもカンタン。

2対2で、ディフェンスを1枚抜かれた想定でスタートし、
一気にカウンターで攻めるオフェンスに対し、
ディフェンスは素早くカバーに入ります。

まずは、実際の練習を動画でご覧ください。

このカウンタートレーニングのポイントは、
スタートからゴールのラインまでの時間を、できるだけ短時間でおこなうこと。

オフェンスは、ドリブル、パス、フェイントなど、
どんな選択をしても構いませんが、
とにかく短時間でラインを超えることを目的にします。

「できるだけ短時間でラインを超える」

このテーマを設定することで、オフェンスのカウンタースピードと、
ディフェンスのカバースピードが上がり、
試合ですぐに活かせる技術が習得できるのです。

シュートか?パスか?得点のチャンスを量産する、「本物の判断力」を身につける方法…

次にご紹介するのは、
得点のチャンスを生みだす「本物の判断力」を身につけるトレーニングです。

このトレーニングは、2対2でおこないます。

まず、コーンを中央に2つ並べ、ディフェンスの選手がそこに立ちます。

そして、オフェンスは、ディフェンスの前面にパスを通し、
ディフェンスは、100%インターセプトだけを狙うようにします。

まずは、実際の練習を動画でご覧ください。

この練習のポイントは、オフェンスとディフェンスの判断を戦わせること。

オフェンスにとって、普段はあまり狙わないパスですが、ルールを決めることで、
「どの角度」、「どのスピード」ならパスを通せるのか、
瞬時にその判断をする必要に迫られます。

ゆっくりドリブルをしていると、ディフェンスの有利になるので、
オフェンスは、素早く判断し、正確なパスをださなくてはなりません。


一方のディフェンスは、インターセプトを狙いながらも、
「オフェンスをどうだますのか?」を考え、フェイントを使って駆け引きをします。

ポイントは、出ると見せかけて戻ったり、
戻ると見せかけて、また前にでたりしながら、オフェンスの甘いパスを誘うこと。

このように、オフェンスとディフェンスの判断を戦わせることで、
得点のチャンスを生みだす「本物の判断力」を身につけることができるのです。

判断する「頭の速さ」と、それに反応する「カラダの速さ」を連動させる、ユニークなトレーニング…

最後にご紹介するのは、とてもユニークなトレーニングです。

このトレーニングは、判断する「頭の速さ」と、
それに反応する「カラダの速さ」を、同時に鍛えることができます。


ルールは、カンタン。

フリードリブルをしている選手たちに、コーチが質問を投げかけるだけ。

選手たちは、ドリブルをしながら、コーチの質問に答えます。

こちらも、実際のトレーニングを動画でご覧ください。

このトレーニングのポイントは、すぐに答えられるカンタンな質問をすること。

そうすることで、声をだすことのハードルが低くなり、
選手たちは、元気いっぱいに練習に取り組むようになります。

また、考えながらドリブルすることで、頭とカラダが連動するようになり、
ヒラメキを瞬時にプレーに移せるようになるのです。


しかも、このトレーニングのメリットは、
頭とカラダをつなぐことだけではありません。

ほかにも、質問のキャッチボールを楽しむことで、
コーチと選手たちの人間関係ができ、リラックスした状態で練習できるようになります。

緊張しているよりも、リラックスしている方が、
技術の習得スピードも早くなることは、カンタンに想像できますよね。

「上達の良い循環」を生みだすためにも、
このようなユニークなトレーニングは、とても重要なのです。


ここでもし、あなたが、

「ほかにどんなトレーニングがあるのか?」
「具体的に、どうやって指導すればいいのか?」

こう思われたのなら、ここからの話はとても重要になります。

限られた練習時間で、判断力や、チームワークをぐんぐん向上させる、「120%の成果を発揮する練習法」を公開します!

今回、練習の成果を試合で120%発揮できるチームを作りたい方のために、
試合を逆算した練習メニューをDVDに収録し、
お渡しさせていただく準備が整いました。

技術にフォーカスした一般的な練習メニューとは違い、
選手自身が「どうプレーするのか」を考えながら練習できるメニューですので、
技術練習では身につかない能力を養うことができます。


あなたも、チームにこの練習を取り入れることで、

  • 練習の成果を試合で思いきり発揮できる
  • 試合で活かせるオープンスキルが身につく
  • 練習時間の限られたチームでも、短期間で上達を実感させられる
  • 環境のよくないチームでも、効率良く上達させられる
  • 選手たちに主体性が生まれ、進んで練習をするようになる
  • 練習メニューのバリエーションが増えることで、
    モチベーションが上がる
  • 練習の成果をだし切れることで、試合がもっと楽しみになる
  • 一般的な練習では得られない、
    遊び心やコミュニケーション力が磨ける

など、たくさんのメリットを手に入れることができます。


では、DVDには、いったいどんな内容が収録されているのか?

収録内容の一部をご紹介すると…

練習時間の限られたチームでも、もっと勝てるチームになれる!練習の成果を120%試合で発揮させる、「試合を逆算したトレーニング」とは…?

練習した瞬間から、体幹強化を実感できる!体の小さい選手ばかりのチームを全国大会へ導いた、サッカーに特化した「体幹1対1」とは…?
  • とっさの判断ができる選手を育てる「4種目」のトレーニング
  • 試合でそのまま使える! ワンタッチで相手を置き去りにするテクニック
  • 試合で「通用するフェイント」と「通用しないフェイント」、その違いとは…?
  • 今すぐ教えたい! 声で相手をだますテクニック
  • フェイント練習で、指導者が注目すべきポイントとは…?
  • 「パスの成功率」を劇的にアップさせる、インターセプトトレーニングとは…?
  • 「通るパス」と「通らないパス」を一瞬で見極めるポイント
  • 試合で使える「ディフェンスのフェイント」をご存じですか…?
  • 一瞬でカバーリングのディフェンスに入れるようになる方法
  • 相手にマークされることを利用して、逆を突くテクニック
  • 状況が変わったときの「瞬時の対応力」を鍛えるトレーニング
  • 判断する「頭の速さ」と、反応する「体の速さ」を同時に鍛える方法
  • 練習メニューのバリエーションを倍増させるカンタンな方法
  • 2人のディフェンスを連続で抜き去るテクニック
  • 練習時間に不満はありませんか…? 練習効率を「2倍」にアップさせる方法
  • ディフェンスの抜き方のバリエーションを増やす方法
  • 「カウンター技術」を徹底的に高めるトレーニング
  • 試合で当たり負けしない「軸の強さ」を身につける方法
  • 球際で圧倒的な強さを発揮させる方法
  • 試合で「通用するターン」と「通用しないターン」、その違いとは…?
  • 試合で活きる、リアルなボールタッチを習得させる方法
  • 緩急を上手にコントロールできる選手を育てるトレーニング
  • 選手が、何の抵抗も感じず、すぐに声をだせるようになるテクニック
  • なぜ、真面目に指導するコーチほど、選手を育てるのがヘタなのか…?
  • 考えながらプレーできる選手を育てる指導のテクニック
  • 選手同士のコミュニケーションを円滑にさせるトレーニングとは…?
  • 足がガバっと開くようになる、股関節の正しい使い方
  • ネイマールのような天才プレーヤーを育てる方法
  • 見えない「後ろ側」に敏感になるためのトレーニング

※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です。

想像してみてください…

もし今回ご紹介する、試合を逆算した練習メニューを取り入れたとしたら、
あなたのチームには、いったいどんな変化があらわれるでしょうか?

まず、練習の成果を試合で思いきり発揮できることで、
選手たちは上達を実感し、さらに高いモチベーションで練習に取り組みます。

それから、チームのコミュニケーションが活発になることで、
今よりチームワークを活かした積極的なプレーを見せてくれるでしょう。

さらに、トレーニングのバリエーションが増えることで、
あなたも指導者としてのやり甲斐を実感でき、さらにサッカーに夢中になるはずです。


あなたも、一日も早くこの練習メニューを取り入れてください。

それだけで、

  • 試合で活かせるオープンスキルが身につく
  • 練習時間の限られたチームでも、短期間で上達を実感させられる
  • 環境のよくないチームでも、効率良く上達させられる
  • 選手たちに主体性が生まれ、進んで練習をするようになる
  • 練習メニューのバリエーションが増えることで、
    モチベーションが上がる
  • 練習の成果をだし切れることで、試合がもっと楽しみになる
  • 一般的な練習では得られない、
    遊び心やコミュニケーション力が磨ける

など、今まで以上にサッカーの指導が楽しいものに変わるでしょう。


そして今回は、真剣に勝てるチームを育てたいと願うあなたのために、
「特別なプレゼント」をご用意しています。

今すぐ、お申し込み頂いた方に限り、「ミニゲームを収録したスペシャルDVD」を、無料でプレゼントします!

アイデアのだせる選手を育てる「ミニゲーム」を4種類収録しています
“アイデアのだせる選手を育てる「ミニゲーム」を4種類収録しています”

今すぐDVDをお申し込みいただいた方に限り、選手の「遊び心」を育てる
4種類のミニゲームを収録した特典DVDをプレゼントします。

真面目に練習することは、とても良いことですが、
そこに遊び心がプラスさせると、選手たちのプレーに「幅」が生まれます。

たとえば、ディフェンスを抜くためのヒラメキが生まれたり、
楽しみながら練習することで、プレーに余裕がもてるようになったり。

さらに、遊び心を育てるトレーニングを取り入れることで、
選手同士のコミュニケーションも活発になり、チームの雰囲気がとても良くなります。


今回の特典DVDには、

  1. クロスオーバーゲーム
  2. ドリブル&ストップゲーム
  3. スルーゲーム
  4. ヒールキックゲーム

これら「4種類のミニゲーム」のやり方を、
指導のポイントとあわせて、わかりやすくご説明しています。

練習を楽しみながら、さらにレベルアップできるトレーニングとして、
ぜひ、お役立てください。


さらに今回は、特別な「保証」もご用意しています。

「興味はあるけど、本当に役立つ内容なのか?」このような、ご心配はいりません!90日間返金保証で、DVDをご提供致します。

90日間完全満足保証

「選手を上達させられるなら、やってみたいけど…」
「同じように指導できるかわからないし、期待はずれな教材だったらどうしよう…」

もし、このように思われたとしてもご安心ください。

今回のDVDは、「90日間返金保証」をお付けいたします。

90日間じっくりと取り組んだにもかかわらず、
満足のいく効果が得られなかった場合は、
気もちよく商品代金をお返しするという約束をさせていただきます。

これは、本当に自信があるからできるサービスです。


ですので、まずは、DVDをお手に取っていただき、
90日間じっくりとお試しください。

そして、選手たちがぐんぐん上達し、
練習の成果を試合で発揮する姿を、あなたの目で直接確認していただきたいのです。

また、今回のDVDは、制作コストの都合により「200セット」しかご用意しておりません。

また、追加生産の予定は現在のところありませんので、
今回のチャンスを逃すと、次回DVDが手に入る時期は「未定」となります。

さらに、追加生産がおこなわれたとしても、
価格や内容は変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

「あとで申し込もう」と思うと、忘れてしまうかもしれません。


いますぐ、下のボタンをクリックして、お得なこの機会にお申し込みください。

これまで以上に、サッカーの指導を楽しめることを、心から応援しています!

JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~DVD

JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~DVD
【DVD3枚組+豪華2大特典付

限定価格14,800円(税・送料込)


今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

「JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~DVD」お申し込み

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX
オンライン通販

AM8:00までのご注文は即日発送

FAXでお申し込みの方はコチラ

※このお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティーシステムを
利用しており、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

4つの安心お届け

Q&A(誰でも取り組める内容ですか…?)

Q、これまでのDVDとの違いは何ですか…?
今回のDVDは、試合を逆算した「実戦的な練習メニュー」をぎっしり収録しています。これまでのようなドリブルの技術的な向上を目指したものではなく、「判断力」や「チームワーク」など、試合に勝つための必須能力であるにもかかわらず、通常の技術練習では得られない能力を高めることを目的にしています。わたしが監督を務めるJSC千葉で、すでにその効果を実証済みのトレーニングばかりを厳選しましたので、ぜひ、お試しください。
Q、身体能力の高くない子どもでも実践できる内容ですか…?
もちろん大丈夫です。今回ご紹介するトレーニングは、難しい技術を練習するためのものではありません。判断力やチームワークを高める上で、お子さんの筋力や体力、足の速さなどは一切関係ありませんので、安心してご覧ください。
Q、教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されているメニューを実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「今すぐやろう!」という、あなたの気持ちだけです。
Q、返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか…?
もちろん大丈夫です。この練習プログラムに90日間取り組んだにもかかわらず、結果が全くでなかった場合、何度ご覧いただいたあとでも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額を返金させて頂きます。
Q、インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。
もし、それでも「やっぱり心配だ…」というあなたのために、ファックスでのご注文(代金引換)も承ります。

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

「JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~DVD」お申し込み

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX
オンライン通販

AM8:00までのご注文は即日発送

FAXでお申し込みの方はコチラ

※このお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティーシステムを
利用しており、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

追伸1

このDVDは、90日間返金保証付です。

もし、今回のDVDにご満足いただけない場合は、ご返金致します。

ですので、「90日間試したが、効果が一切感じられなかった!」という場合には、
料金を頂くつもりはありません。

ぜひ、90日間じっくりとお試しください。

追伸2

今すぐDVDをお申し込みの方に限り、「4種類のミニゲーム」を収録した、
スペシャルDVDを無料でプレゼントさせていただきます。

追伸3

決断を迷うのでしたら、急いでお申し込みください。

商品の数には、限りがございます。

もし、内容にご満足頂けない場合はご返金致しますので、
まず、お手に取って頂き、90日間じっくりとお試しください。

それが、あなたにとって最もリスクがない選択です。
もちろんFAXでもお申込み可能です。

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

「JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~DVD」お申し込み

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX
オンライン通販

AM8:00までのご注文は即日発送

FAXでお申し込みの方はコチラ

※このお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティーシステムを
利用しており、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。